2022年3月の家計簿集計

ケイ
スポンサーリンク

 こんにちは、ケイです。
 3月の家計簿(2月25日〜3月24日)を集計したので、その結果をまとめました。
※給与支給日から翌月の給与支給日前日までの集計です。

収入

 アル手取り月収+ケイ手取り月収+副収入=642,121

 今年に入って1番少ない金額となりましたが、前年同月よりは若干多くなっています。これは交通費の支給額が増えたためです。確定申告の還付金はこの期間にはまだ振り込まれていませんでした。

支出

 ①変動費と②固定費の支出合計額は356,874円となりました。
 今年のひと月の予算額は約290,000円なので、約67,000円ほどオーバーしています。
 原因はロボット掃除機とスティック型掃除機を購入したためです。どちらも以前から購入を検討していたもので、今年はゴールドカードを年間100万円以上使用することを目標にしているため、思い切って購入しました。この2つの購入代金は予備費から補填しました。

①変動費=227,408

食費20,131
外食費16,991
日用品費 11,052
レジャー・教養費22,450
交際費17,120
交通・通信費55,570
医療費0
美容費2,400
衣料品費(被服費)0
その他81,694

 食費は予算よりも5,000円ほど少なく済みましたが、その分外食費がオーバーしています。ただ、食費は8,000円近くがポイント払いです。
 レジャー・教養費、交際費、医療費、美容費、衣料品費は予算内でした。
 日用品費の予算オーバーは壊れたメガネフレームを5,500円で修理したためです。
 交通・通信費には高速通勤や旅行で利用したETC料金や、ブログのサーバー代1年分が含まれています。ブログのサーバー代は1年間のブログ収入でなんとか賄えます。
 その他にはロボット掃除機やスティック型コードレス掃除機の購入代金などが含まれています。
 
②固定費=129,466

新居電気代17,173
旧宅水道代793
新居水道代5,684
管理費等
(修繕積立金、駐車場代等)
20,460
格安スマホ(nuro)2台分1,660
スマホ機種代2台分3,930
県民共済3,680
山の家固定費6,086
小遣い2人分20,000
ケイ実家仕送り50,000

 固定費は予算である147,090円以内におさまりました。
 少しずつ暖かくなりエアコンを使う時間が減ったため、電気代は少し安くなりました。
 旧宅に関わる支払いは水道代のみとなり、おそらく今回が最後になると思います。
 水道料金の支払いは2ヶ月に1度、奇数月です。
 格安スマホは現在mineoですが、以前使っていたnuroの支払いがまだ残っています。無料通話用に楽天モバイルも使用していますが、1G未満に抑えているため費用は発生していません。
 モバイルwifiを解約し、現在はGMO光アクセスを使用していますが、カード払いなので支払いはまだです。
 スマホの機種代支払いもあと数回で終わります。
 県民共済がいつもより少し多いのは、個人賠償責任保険の代金が含まれているためです。
 山の家固定費は電気代とプロパンガス代です。雪の影響で滞在日数が少なかったため先月より少なくなりました。

残金

 支出のうちポイントで支払った金額の合計は8,761円でした。この金額分と積立金から補った山の家の固定費や掃除機の購入代金は収入から減っていないので、実際に残った金額はこうなります。

 642,121−356,874+8,761+85,230=379,238

 残金は目的別積立預金、純金積立、運用積立、イデコに入金します。足らない分は予備費から補います。

別荘固定費積立20,000
帰省・交際積立30,000
税金・修繕積立20,000
旅行積立100,000
純金積立1,025
運用積立200,000
イデコ24,000
合計395,025

まとめ

 予算額をかなり上回ってしまいましたが、その原因は計画的な購入であり、積立金や予備費から補っているため問題ありません。
 オール電化マンションで電気給湯器を使用しているため、電気料金がかかります。これを少しでも最適化しようと電力会社を変更することにしたのですが、ネットからメールで申し込みをしたにも関わらず、何の返答もなくどうなっているのか分かりません。申し込んだ後、ロシアのウクライナ侵攻もあり燃料価格の高騰が続いている影響なんでしょうか?昨日のTVニュース番組でも新電力会社の撤退や契約停止が相次いでいると報道されていました。再度、問い合わせて確認してみるつもりです。
 株主優待券やアプリの無料or割引クーポンで得した分は収入にも支出にも入れていませんが、7,920円分現金を払わずに済みました。