2022年5月の家計簿集計

ケイ
スポンサーリンク

 こんにちは、ケイです。
 5月の家計簿(4月25日〜5月24日)を集計したので、その結果をまとめました。
※給与支給日から翌月の給与支給日前日までの集計です。

収入

 アル手取り月収+ケイ手取り月収+副収入=642,121

 手取り月収は増減無し。副収入も少額だったため先月より少なくなりました。

支出

 ①変動費と②固定費の支出合計額は342,871円となりました。
 今年のひと月の予算額は約290,000円なので、約53,000円のオーバーとなりました。
 原因は県外へ外乗旅行に出かけ、レジャー費と外食費が増えたからです。これはケイにとって働き続けるための大切なモチベーションとなっており、ある意味必要経費なので、旅行積立から補います。

①変動費=190,901

食費19,794
外食費22,599
日用品費651
レジャー・教養費89,790
交際費5,000
交通・通信費 14,197
医療費19,648
美容費1,200
衣料品費(被服費)0
その他18,022

 食費は予算よりも5,000円ほど少なく、外食費は約12,000円オーバーしています。つまり食費と外食費を合計すると約7,000円の予算オーバーとなりますが、約3,000円分がポイント払いなので、実質約4,000円の予算オーバーです。
 日用品費、交際費、交通・通信費、美容費、衣料品費は予算内でした。
 レジャー・教養費には2時間の外乗料金2名分57,600円が含まれています。
 医療費には、ケイが受けた頭部CT検査や眼科検診、アラフィフ夫婦共に定期的に受けている歯科検診の費用が含まれています。ひと月の予算は6,000円なのでオーバーしていますが、毎月かかる費用ではないため通年で考えれば予算内に収まるはずです。
 
②固定費=151,970

本宅電気代12,454
本宅水道代5,049
本宅管理費等
(修繕積立金、駐車場代等)
20,460
本宅光回線(GMO)10,600
格安スマホ(mineo)2台分3,819
スマホ機種代2台分3,930
旧宅固定資産税14,000
県民共済2,000
山の家固定費9,658
小遣い2人分20,000
ケイ実家仕送り50,000

 固定費は予算額を約5,000円オーバーしました。これはFUJIWiFiからGMO光アクセスに変更し、今月初めてカード払いの引き落としがあったためで、その金額は10,000円を超えていました。その理由は事務手数料と2ヶ月分の料金が含まれていたためです。来月からは4,000円以下になるはずなので予算内に収まるでしょう。
 本宅の電気代と、2ヶ月に1度の水道代は前回より減りました。電気料金を少しでも節約しようと電力会社を変更しましたが、支払いが始まるのはもう少し先のようです。
 山の家固定費には電気代、プロパンガス代、浄化槽代が含まれています。

残金

 支出のうちポイントで支払った金額の合計は5,753円でした。この金額分と積立金から補った山の家の固定費や外乗代は収入から減っていないので、実際に残った金額はこうなります。

 642,121−342,871+5,753円+67,258=372,261

 残金は目的別積立預金、純金積立、運用積立、イデコに入金します。

 別荘固定費積立 20,000
 帰省・交際積立 30,000
 税金・修繕積立 20,000
 旅行積立 70,000
 純金積立 1,025
 運用積立 200,000
 イデコ 24,000
 合計 365,025

まとめ

 今月も予算額を上回ってしまいました。今年になって予算内に収まった月はまだありません。働くモチベーションを維持するため、予算内に収めることよりも、今やりたいことを優先しているので仕方ありません。それにオーバーしていると言っても積立金で補える金額ですし、最終的には通年で判断してみないと分かりません。

 
 株主優待券やアプリの無料or割引クーポンで得した分は収入にも支出にも入れていませんが、5,239円分現金を払わずに済みました。