【予算オーバー】2023年3月の家計簿集計

アル
スポンサーリンク

 こんにちは、ケイです。
 3月の家計簿(2月24日〜3月24日)を集計したので、その結果をまとめました。
※給与支給日から翌月の給与支給日前日までの集計です。

支出

①変動費と②固定費の支出合計額は388,467円となりました。ひと月の予算額は約300,000円(変動費約170,000円+固定費約130,000円)なので、約9万円の予算オーバーとなってしまいました。

①変動費=172,294

食費19,380
外食費30,194
日用品費19,400
レジャー・教養費16,160
交際費25,000
交通・通信費40,570
医療費13,800
美容費1,200
衣料品費(被服費)
その他6,590

 外食費、日用品費、交際費、交通・通信費、医療費が予算オーバーとなりました。
 新型コロナ感染が落ち着き、外食を楽しむ機会が増えました。
 日用品費は浄水器のカートリッジと屋外用カセットコンロを購入したため金額が多くなりました。
 交際費は身内のお祝い金です。
 交通・通信費は年1回のサーバー代が含まれています。
 医療費はアルの四十肩のリハビリとケイの発熱に伴う受診費用、4ヶ月に1度の歯科受診料です。

②固定費=216,173

本宅電気代17,867
本宅水道代5,049
本宅管理費等
(修繕積立金、駐車場代等)
20,460
本宅光回線(GMO)3,883
格安スマホ(mineo)2台分3,271
山の家固定費(プロパンガス代+電気代)95,643
小遣い2人分20,000
ケイ実家仕送り50,000

 山の家固定費にはいつものガス代と電気代以外に年1回支払う管理費が含まれているため、いつもより高額になっていますが想定内です。全て別荘固定費積立で補います。
 やはり、本宅であるマンションもセカンドハウスである山の家も着実に電気代が高くなっています。

残金

 支出のうちポイントで支払った金額の合計は10,203円でした。この金額と別荘固定費積立で補った金額を引いた金額が実際の支出合計額=282,621円となります。
 収入合計額から支出合計額を引いた残金は、目的別積立預金、純金積立、運用積立、イデコに入金します。不足分は予備費から捻出します。

別荘固定費積立20,000
帰省・交際積立30,000
税金・修繕積立20,000
旅行積立100,000
純金積立1,025
運用積立200,000
イデコ24,000
合計395,025

まとめ

 先月は予算内におさまりましたが、今月は外食費や交際費が増え、定期的な支出や年1回の支払いが重なったため、かなりの予算オーバーとなってしまいました。しかし、必要経費的な定期的支出は折り込み済みですし、積立もしているので心配はしていません。1年を通してどこかで帳尻を合わせるつもりです。
 株主優待券、アプリの無料or割引クーポン等で得した分は収入にも支出にも入れていませんが、今回は8,970円分現金を払わずに済みました。